SPF20と50はどの程度違うのか?

もうひとつ、日焼け止めについて驚愕の事実がある。

SPF20のものと50のものは、その効果には大差がないということである。紫外線防御力でいうと、SPF15以上のものは、これもほとんど変わらない。

どういうことかというと、例えばここにあるSPF20の日焼け止めは、紫外線の96%を遮断するとしよう。一方、SPF50の日焼け止めは、98%を遮断するとしよう。96も98もあまり変わらないような気がするが、透過してくる紫外線の量で見ると、4%と2%と倍も違う。この差が、SPFの差として表れてくるのである。

一時、SPF100などというものも出たが、上限が50に制限されるようになったのはそのような理由から、すなわち「数値が大きくなっても効果はあまり変わらないから」ということである。

薬局やデパートで売られている日焼け止めのほとんどはSPF15以上だから、日焼け止めの効果はほとんど同じということになる。

同じようなものでも、「肌にやさしい」というイメージで売りたい場合は15くらいに表示し、「最強」というイメージで売りたい場合は50などと表示されているというのが実情である。

ただし、50など、強めのものは主にスポーツ用やリゾート用なので、耐水性が強いなどの違いはある。

また、15などの弱めの表示がされているものは、敏感肌の人が使うことが多いから、添加物などもおさえめで、低刺激に作られているものが多い。

このような事情があるから、SPF値の高いものを使うとかぶれる人が多いのである。

日焼け止めを選ぶ場合、SPF値にはあまりこだわらず、肌への優しさを考慮において選ぶべきだということになる。

Pocket