シミができるメカニズム

「シミ」という言葉は医学用語ではありませんが、顔や体の色素沈着のことを一般にシミと呼んでいます。
色素沈着とは、メラニン色素が局所的に多く作られて肌(表皮)の奥にたまった状態の事です。
色素沈着が起こる原因には、ホルモンバランスの乱れや、肌の擦りすぎ、かぶれなど色々ありますが、最も影響が大きいのが紫外線です。
紫外線を浴びると、表皮の基底層にあるメラノサイトが活性化され、メラニンを生成して肌をガードしようとします。
健康な肌はメラニンもターンオーバーによって自然に剥がれ落ち、新しい肌に生まれ変わります。
ところが、メラニンが多量につくられると通常のターンオーバーでは追い付かなくなるため、表皮に残ってしまい、やがてシミとなって肌に現れるようになります。
紫外線による肌のダメージ(光老化)は、シミだけでなく、シワ・たるみ・くすみなど、すべての肌老化の原因になります。
ですから、光老化対策こそアンチエイジングケアの最大のポイントといえます。

Pocket