美白化粧品を使っていれば色白になれる?

「色白」というのがどういう状態を指すのかでYESでもあり、NOでもある、といったところです。

基本的には肌を黒く見せているメラニンの量については、人によって生まれ持ったものがあるため、「色白」であったり「地黒」であったりするわけですね。

では生まれつきの肌色とはどんなものなのでしょうか。実は顔は洋服を着ることもできず、たえず紫外線などの厳しい環境にさらされている、体の中で最も黒くなりやすい部分の1つです。

私たちがもともと持っている肌色とは、体の中でも紫外線を浴びることの少ないお腹の肌色だと考えられているようです。

つまり、あくまで理論上ですが、お手入れ次第ではお腹の肌色くらいまでは白くなれる可能性もあるというわけですね。

ただし、摩擦などの後天的な理由によってできた肌の黒ずみを白くする、という事についてはまた別の話になります。

例えばデリケートゾーンの黒ずみなどは、きつい下着の摩擦により黒ずんでしまう場合もあります。

こういうケースは元の肌色以上に肌を白くするわけではなく、黒ずみを元の肌色へ近づけるわけですから、ケア次第では肌を白くすることは可能、という答えになります。

Pocket

美白化粧品を使い始めるタイミング

美白化粧品は日焼けする前から使っておくのがベストです。肌の透明感をキープするなら、1年を通して美白にしおくというのが鉄則です。

メラニンのスイッチは、まさに紫外線を浴びた、その一瞬にオンになってしまいます。紫外線を浴びると、肌の表面の細胞からメラニンを作るよう次々に指令が出され、米良のサイトが動き出します。

また、紫外線を浴びることで、肌の中に発生する活性酸素が直接的にメラノサイトにダメージを与えます。やはり日焼けしてから使うのでは遅かりし感があり、シミが出だしてからでは完全に手遅れなのです。

美白こそ、備えあれば憂いなし。日ごろの備えを完璧に日常的に美白を意識していれば、紫外線のダメージに即座に対処できます。

いわば、美白反応力の高い肌でいられるということです。

Pocket

美白化粧品が取れるシミと取れないシミ

実は美白化粧品には・・・、得意なシミと不得意なシミがあるのをご存じでしたか?
できたての新しいシミは大の得意だけれど、できてから何年もたった古いシミは大の苦手なんですね。

そもそも、美白のメカニズムは、大きく3つのステップに分けられます。
(1)表皮から発せられるメラニンを作りなさい、という命令を止めるステップ。
(2)メラニンの生産工場である米良のサイトに働きかけてメラニンの生産を止めるステップ。
(3)できてしまったメラニンを早く出ていくようにターンオーバーを応援するステップ。

ほとんどの美白化粧品というものは、(2)をメインに、(1)と(3)を組み合わせて作られているのです。
なぜなら、美白はすべて早く手を打った方が勝ちだからです。

シミは紫外線を浴びたらまさにその一瞬で肌に入り込み、そこからわずか3日でシミの元となるメラニンができあがってしまうからです。

つまり、ほとんどの美白化粧品は、紫外線のダメージに早い段階でストップをかけることに心血を注いでいるわけですね。

できてしまったシミに対するアプローチには、つい数年前までは全くといっていいほど主眼においていませんでした。

つまり美白が真の力を発揮するのは事後の対処より事前の予防、というわけですね。

美白化粧品を、すでに何年も前にできたシミに思い立って塗ってみても、はっきりと効果が感じられないのは、こういう理由があるからなんです。

美白化粧品は、新たなシミを作らないためにこそ使うべきなんです。

 

Pocket