SPF20と50はどの程度違うのか?

もうひとつ、日焼け止めについて驚愕の事実がある。

SPF20のものと50のものは、その効果には大差がないということである。紫外線防御力でいうと、SPF15以上のものは、これもほとんど変わらない。

どういうことかというと、例えばここにあるSPF20の日焼け止めは、紫外線の96%を遮断するとしよう。一方、SPF50の日焼け止めは、98%を遮断するとしよう。96も98もあまり変わらないような気がするが、透過してくる紫外線の量で見ると、4%と2%と倍も違う。この差が、SPFの差として表れてくるのである。

一時、SPF100などというものも出たが、上限が50に制限されるようになったのはそのような理由から、すなわち「数値が大きくなっても効果はあまり変わらないから」ということである。

薬局やデパートで売られている日焼け止めのほとんどはSPF15以上だから、日焼け止めの効果はほとんど同じということになる。

同じようなものでも、「肌にやさしい」というイメージで売りたい場合は15くらいに表示し、「最強」というイメージで売りたい場合は50などと表示されているというのが実情である。

ただし、50など、強めのものは主にスポーツ用やリゾート用なので、耐水性が強いなどの違いはある。

また、15などの弱めの表示がされているものは、敏感肌の人が使うことが多いから、添加物などもおさえめで、低刺激に作られているものが多い。

このような事情があるから、SPF値の高いものを使うとかぶれる人が多いのである。

日焼け止めを選ぶ場合、SPF値にはあまりこだわらず、肌への優しさを考慮において選ぶべきだということになる。

Pocket

SPF値の落とし穴

「きちんと対策していたつもりなのになぜかシミが…」そういうショックを受ける人は、日焼け止めのSPF値を過信していた人に多い。

SPF値は2~50までの数値で表され、数値が高いほど紫外線B波の防止効果が高い(50以上のものは50と表示される)。

例えば20というと、何も塗らない状態に比べて20倍日焼けしにくいということを示す。20倍というと、大変な数値である。ましてや50管ともなると、ほとんど日焼けなどしないというイメージを与える。

しかし、ここで忘れてはならないのは、SPF値というのは、日焼け止めを1平方センチメートルあたり2ミリグラム塗ったときの数値として測定されているということである。

塗る量によって紫外線防止効果が違うのは当然のことで、規定量より少なく塗れば、当然効果は下がる。

平均的に、女性が日焼け止めを塗る場合、この5分の1程度しか塗っていないといわれる。逆にいうと、普段使う量の5倍は塗らないと、期待通りの効果は出ないということになる。

だから、「日焼け止めだけほとりあえず塗っています」という人に限って、40代くらいになるとシミが大量発生するのである。

Pocket

日焼け止めを塗ってもシミができる理由

雑誌などで、毎年、春頃になるとシミや紫外線対策の特集が組まれる。

そのような記事の取材を受けると、決まって聞かれることがある。「日焼け止めは、一年中塗った方がよいのですか」「日焼け止めは、どうやって選べばよいのですか」…。

これらの質問を受けていつも困ってしまうのは、これらの質問自体がすでに、「日焼け止めを塗れば紫外線は防げる」という前提に立っていることである。

確かに、「日焼け止め」という名前からして、そういう期待を抱かせるものではある。でも実際は、日焼け止めだけを塗って生活していると、大量のシミができることが多い。それは、次項のような事情による。

Pocket