紫外線は骨のために必要か

骨を丈夫にするために、紫外線を少し浴びないといけないと思っている人は多い。確かに骨と紫外線は関係あるが、そのために必要な紫外線はごく微量であり、わざわざ浴びる必要はない。

日焼け対策をしても少しは浴びてしまうものなので、それで充分である。

骨にカルシウムを沈着させるためには、ビタミンDが必要である。ビタミンDは紫外線で活性化されて骨に作用することが知られているが、活性型ビタミンDはサプリメントでも摂ることができる(市販のカルシウムのサプリメントには、ほとんど活性型ビタミンDが入っている)。

女性の骨が弱くなる、いわゆる「骨粗しょう症」の原因は、ほとんどの場合、日光不足でもカルシウム不足でもなく、女性ホルモン(エストロゲン)の低下と運動不足である。

Pocket

日焼けは、老化と皮膚ガンのもと

きれいに日焼けした小麦色の肌は、とても健康的に映る。
でも実際は、日焼けは老化と皮膚ガンのもとであり、健康的要素は何もない。紫外線は、肌にとって「百害あってー利なし」と考えていただきたい。できるだけ浴びないにこしたことはないのだ。
屋外のスポーツなどは、確かに健康にとてもよいが、日焼けそのものが良いわけではないのだ。最も健康に良いのは、日焼け対策をばっちりして、外で体を勤かすことである。
最も健康に悪いのは、運勤しないで日焼けだけをすること、例えば、日焼けサロンで焼くこと、また、海やプールに行って甲ら干しだけをすること、などである。

Pocket