リフティング手術でシワやたるみから永遠に解放される?

光治療や注射でシワをなくすのが”プチ整形”なら、もはやプチと呼べない大掛かりな手術でシワやたるみを取ることを「リフティング手術」といいます。

リフティング手術には、肌の下に糸を通して中から吊り上げる方法や肌を引っ張って余った部分を切り取って縫う方法など、いろいろな手法があります。

ですが、人の顔はまさに十人十色で体質も個人差が大きいです。同じように施術しても、同じような結果にならないのが整形手術です。

単純に考えると、リフティング手術をすれば一生シワやたるみから解放されるように感じますが、そうはいかないのが人の顔です。

どんなにお腹が大きくなっても肌が破れないことからも分かるように、肌はどこまでも伸びる特性があるからです。

そして一度伸びた肌は大きく縮むことはありません。リフティングしても、また数年から十数年すれば、もう一度リフティングしなければならない時が必ずやってきます。

つまりリフティングは決して一生ものというわけではありません。だからといって、欲張ってつまめば顔が引きつって怖い顔になってしまうし、控えめにつまめば、短いサイクルで手術を繰り返さなければなりません。

もちろんリフティング手術に保険はききませんので、自費診療で80~200万円くらいはかかります。それでそこまで満足のいく仕上がりになるかはやってみないと分からないところもあります。

そういった事情を踏まえた上で、信頼できる医師を見つけられた場合のみ相談してみてはいかがでしょうか。

Pocket