白肌を守るためのパウダー活用法

日々の外出(日光に当たる時間)が2時間以下の人であれば、普段は日焼け止めは塗らないで、ファンデーションだけ塗っていれば十分である。

それもリキッドファンデーションよりは、パウダーの方がさらに肌にやさしいので毎日使うにはおすすめである。

あまりメイクをしたくない人は、白粉で、あまり色のつかないもの(ルースパウダーやフィニッシュパウダーなどという名で売られている)を使うとよい。

これらを使った場合は、クレンジングもしなくてよいから肌への負担は少ない。極端に敏感肌の人の場合は、この方法がUV対策としては一番よい。

シミは頬骨の高い部分から真っ先にできることが多いので、この部分に若干厚めにパウダーをのせるようにするとなおよい。汗などで崩れたら、もちろんつけ直すことが大事である。

リキッドファンデーションは、水を含むので防腐剤や界面活性剤などの添加物を含むものが多い。これらを毎日使うと、少しずつ肌を荒らす場合がある。

パウダーなどの固形物の方が、一般的にいって添加物は少ないので、肌への負担は少ない。

Pocket

日焼け止めは「一長一短」

これまで述べてきたように、日焼け止めは、いろいろな問題点をかかえている。薄く塗れば効果がないが、厚塗りをすれば毛穴をふさいでしまう。

紫外線吸収剤はかぶれやすいが、散乱剤は白っぽくなる。汗でくずれると効果が落ちるが、ウォータープルーフは落ちにくいので肌が傷む。どれも一長一短である。

紫外線はもちろん肌に悪いが、日焼け止めもいろいろ問題があるので、うまくバランスをとって使わないといけない。使えば使うほどよいというものでもない。

最近はノンケミカルで優秀なものが出てきているから、使うならばそれらがよいが、それとても毎日顔に塗りたくってよくはない。

そこでおすすめしたいのが、パウダーファンデーションや白粉である。これらの肌色の粉には、紫外線を防ぐ効果がある。

いろいろなメーカーのものがあるので一概には言えないが、きちんと塗れば、SPF20くらいの効果は出るものが多い。特にSPF表示がない ものでも、である。

粉類は、肌にのせても中に吸収されるわけではないので、かぶれなどは起こしにくく、毎日塗っても肌への負担は少ない

Pocket