たるみによるブルドッグ顔の予防に効果があるのは?

たるみによるブルドッグ顔。。イヤですね。その予防策として、ダイエット・マッサージ・顔面体操・リフトアップ化粧品などがあります。

30歳を過ぎたら特に横顔に注意しましょう。太ったわけではないのに、顔が大きくなった気がする、フェースラインがぼやける、二重アゴになった、ほっぺが落ちてきた、これらすべてたるみによるブルドッグ顔の具体例です。

ブルドッグ顔は、肌がハリを失ってゆるむと同時に肌の下で衰えた筋肉と徐々に増えた脂肪により、下に下がってたまる事が原因です。

顔の筋肉は一方を骨に、一方は肌に結んで支えています。だから肌がゆるむと足場が悪くなってたるみやすくなってしまうのです。

また。脂肪はそんな筋肉と筋肉の間を埋めるようにして存在しています。だから筋肉が下がると、一緒に下がらざるを得ないわけです。

それが急に太ったりして脂肪が一気に増えたりすると、筋肉が脂肪の思いみに耐えかねてさらに下がってしまうことに。

年を重ねたら、美しい顔立ちのためにも体重の増加には気を付けなくてはなりません。

もちろん、顔だちを土台として支える筋肉をマッサージでほぐすことも大切。また、そんな筋肉や脂肪を包み込む外側の袋である肌も、しっかり形をキープできる強い袋でなくてはなりません。

美しいフェースラインをキープしたいなら、ダイエットで脂肪を減らすこと、マッサージや顔の体操で筋肉を鍛えること、リフトアップ化粧品で、肌にハリをキープすること、の3つがまずはマスト。

ブルドッグ顔には、肌、筋肉・脂肪、三位一体のお手入れが必須なのです。

Pocket