SPF値の落とし穴

「きちんと対策していたつもりなのになぜかシミが...」そういうショックを受ける人は、日焼け止めのSPF値を過信していた人に多い。

SPF値は2~50までの数値で表され、数値が高いほど紫外線B波の防止効果が高い(50以上のものは50と表示される)。

例えば20というと、何も塗らない状態に比べて20倍日焼けしにくいということを示す。20倍というと、大変な数値である。ましてや50管ともなると、ほとんど日焼けなどしないというイメージを与える。

しかし、ここで忘れてはならないのは、SPF値というのは、日焼け止めを1平方センチメートルあたり2ミリグラム塗ったときの数値として測定されているということである。

塗る量によって紫外線防止効果が違うのは当然のことで、規定量より少なく塗れば、当然効果は下がる。

平均的に、女性が日焼け止めを塗る場合、この5分の1程度しか塗っていないといわれる。逆にいうと、普段使う量の5倍は塗らないと、期待通りの効果は出ないということになる。

だから、「日焼け止めだけほとりあえず塗っています」という人に限って、40代くらいになるとシミが大量発生するのである。
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
関連記事
  1. SPF20と50はどの程度違うのか?
    もうひとつ、日焼け止めについて驚愕の事実がある。SPF20のものと50のものは、...
  2. SPF値の落とし穴
    「きちんと対策していたつもりなのになぜかシミが...」そういうショックを受ける人...
  3. 日焼け止めを塗ってもシミができる理由
    雑誌などで、毎年、春頃になるとシミや紫外線対策の特集が組まれる。そのような記事の...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://nhrs04.info/mt5/mt-tb.cgi/38

コメントする