日焼け止めを塗ってもシミができる理由

雑誌などで、毎年、春頃になるとシミや紫外線対策の特集が組まれる。

そのような記事の取材を受けると、決まって聞かれることがある。「日焼け止めは、一年中塗った方がよいのですか」「日焼け止めは、どうやって選べばよいのですか」...。

これらの質問を受けていつも困ってしまうのは、これらの質問自体がすでに、「日焼け止めを塗れば紫外線は防げる」という前提に立っていることである。

確かに、「日焼け止め」という名前からして、そういう期待を抱かせるものではある。でも実際は、日焼け止めだけを塗って生活していると、大量のシミができることが多い。それは、次項のような事情による。
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
関連記事
  1. SPF20と50はどの程度違うのか?
    もうひとつ、日焼け止めについて驚愕の事実がある。SPF20のものと50のものは、...
  2. SPF値の落とし穴
    「きちんと対策していたつもりなのになぜかシミが...」そういうショックを受ける人...
  3. 日焼け止めを塗ってもシミができる理由
    雑誌などで、毎年、春頃になるとシミや紫外線対策の特集が組まれる。そのような記事の...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://nhrs04.info/mt5/mt-tb.cgi/37

コメントする