老人性色素斑にもかかわらず、思い込みたい「私は肝斑」

前項に挙げた内容をもとに、自分のシミがどれにあてはまるか、考えてみよう。

ただし、患者さんがこのようなものをもとにして、自分でシミ診断をした場合、なぜか正解率は非常に低い。

まず、自分のシミは「肝斑」だと訴えてくる人が最も多いのに驚くが、肝斑は、みなさんが思うほどポピュラーなものではない。

「頬骨のあたりに左右対称にできるシミが肝斑」と言われると、何でも肝斑に見えてしまうものらしいが、老人性色素腹だって頬骨のあたりからできることが多く、また、左右どちらか片側にというよりは、ほぼ対称にできることが多い。

やはり、女性が気にするシミは老人性色素斑が圧倒的に多いのだが、なぜ肝斑に人気が集まるのか。「老人性」という響きがまず嫌われる。

それよりは「女性ホルモンのでバランスの乱れでできる」と言われる方が、なんぼか耳にやさしい。また、レーザーでなく、できれば飲み薬で穏やかに消えてほしいという、潜在的な願望もあるだろう。そういう女心もあって、「肝斑」支持は厚いのだと思われる。

自分でシミの診断をつける自信がない人は、美容皮膚科を訪れよう。まずはシミの種類  を知らないと、対策もままならない。

美白化粧品の効かないシミに、延々と美白化粧品を塗り続け、何万円も無駄にしているケースが多いからである。もし老人性色素斑だと診断 されたら、迷わずレーザーでとってしまった方が、実は、早いし安いし確実である。

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
関連記事
  1. メラニンを含む角質
    「メラニンを含む角質を落とす化粧品」というものがある。この表現を聞くたびに、ふき...
  2. 老人性色素斑にもかかわらず、思い込みたい「私は肝斑」
    前項に挙げた内容をもとに、自分のシミがどれにあてはまるか、考えてみよう。ただし、...
  3. 消える「シミ」と消えない「シミ」
    まず、シミの種類を知ろう。ひと口にシミといっても、医学的にいうといろいろな種類が...
  4. 美白化粧品の効果とは?
    美白化粧品とは、何だろう。肌の奥にメラノサイトという、メラニンを作る細胞がある。...
  5. 美白化粧品で、なぜシミは消えないか
    美白ブームになって久しい。でも、実際に当院の外来にシミ相談にみえる患者さんに「美...
  6. 「うっかり日焼け」は許されない
    「うっかり日焼け」というものは、毎年たくさん見かける。うっかリビーチパラソルの下...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://nhrs04.info/mt5/mt-tb.cgi/47

コメントする