紫外線は骨のために必要か

骨を丈夫にするために、紫外線を少し浴びないといけないと思っている人は多い。確かに骨と紫外線は関係あるが、そのために必要な紫外線はごく微量であり、わざわざ浴びる必要はない。

日焼け対策をしても少しは浴びてしまうものなので、それで充分である。

骨にカルシウムを沈着させるためには、ビタミンDが必要である。ビタミンDは紫外線で活性化されて骨に作用することが知られているが、活性型ビタミンDはサプリメントでも摂ることができる(市販のカルシウムのサプリメントには、ほとんど活性型ビタミンDが入っている)。

女性の骨が弱くなる、いわゆる「骨粗しょう症」の原因は、ほとんどの場合、日光不足でもカルシウム不足でもなく、女性ホルモン(エストロゲン)の低下と運動不足である。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です