スキンケア用語集

◆アミノ酸
肌の主な構成成分はタンパク質。そのタンパク質を構成するのがアミノ酸です。つまり肌はアミノ酸の集合体なのです。
しかも肌本来のうるおい成分NMFの主成分でもあるので、肌の美しさに大きく関わっているのです。そのため様々な化粧品に美容成分として配合されています。
真皮のコラーゲン、エラスチンの材料でもあり、アンチエイジングにおいても不可欠な美容成分といえます。

◆アンチエイジング
老化による肌の衰えを遅らせるスキンケアなどの方法のこと。一般的にはシワやたるみ対策のアンチエイジング化粧品やレーザーや光治療のような美容クリニックの施術を示します。
肌の内部構造の変化や紫外線のダメージ防止など、さまさざまな取り組み方があります。
中でも紫外線を防ぐ日焼け止めはアンチエイジングの最重要課題といえます。

◆イオン導入
そのままでは肌に浸透しにくい成分を、肌深部に届けるケアのことです。特にそのままでは肌に入りにくいビタミンCの導入は定番で、美白やニキビ予防やハリのアップに期待ができます。
かつてはエステで行う施術でしたが、最近は家庭用のものも人気です。

◆AHA(エー・エイチ・エー)
アルファヒドロキシアシッドの略です。古い角質を取り除くための成分で、グリコール酸、乳酸、フルーツ酸などと呼ばれます。硬くなった角質を和らげて、自然に剥がれやすくする効果があります。同じ目的の成分にBHAがあります。データヒドロキシアシッドの略でサリチル酸が代表的です。こちらは油溶性で、皮脂にもよく馴染むので毛穴の汚れを取り除く効果が高いです。

◆NMF(エヌ・エム・エフ)
ナチュラルモイスチュアライジングファクターの略です。日本では天然保湿因子といいます。肌の生まれ変わりと共に、表皮の顆粒層で作られセラミドや、皮脂とともに肌のうるおいをキープします。肌の潤い成分の割合はセラミド約80パーセント、MMF約17~18パーセント、皮脂約2~3パーセントです。NMFはセラミドに次いで多い成分となります。尿素などの成分もNMFの一種です。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です