美白化粧品の効果とは?

美白化粧品とは、何だろう。肌の奥にメラノサイトという、メラニンを作る細胞がある。

その働きを邪魔するのが美白化粧品である。これを忘れて、ただ漠然と「肌を白くするもの」が美白化粧品だと思っている人が多いが、それでは美白対策はうまくいかない。

美白化粧品とは、メラニンが作られるのを邪魔するものである。よって、皮膚構造は正常で、かつメラニンが過剰に生産されている状態、そういうときにしか美白化粧品は効かない。

皮膚構造そのものが壊れていたり、メラニンが過剰生産されてはいないが、ただ肌の奥に沈着してしまっているような場合、こういうシミには美白化粧品は効かない。

まず、シミにもいろいろ種類があることを知っておこう。種類によって、美白化粧品の効き方が造うからである

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です