シワができる最大の原因とは?

シワの最大の原因、それは”紫外線”です。人間の肌は年齢を重ねればシワっぽくなってしまうし、乾燥も肌をシワっぽくしてしまうけれど、やはり最大の原因は「紫外線によるダメージ」にほかなりません。

シワは紫外線により肌の中に発生した活性酸素が、真皮の組織を破壊してできるもの。真皮の中にネットのように張り巡らされている、コラーゲンとエラスチンという紐やゴムを、活性酸素はものの数分でブチブチに切り刻んでしまうのです。

こうしてグチャグチャに絡まったネットは、肌の土台として弾力を支えることができず、表面はハリを失ってゆるみ、シワができやすくなってしまうというわけです。

さらに、肌の表面がバリバリに乾燥していると、柔軟性がなくなり、シワがくっきりと刻まれやすくなります。水分をタップリと含んだ肌は、ハリもあり、柔らかく、シワを目立たせない力を持っています。

しかし水分が抜けてかたくなった肌では、シワはいやでも目立ってしまいます。実は乾燥は紫外線の次に注意しなければならないダメージなのです。

もちろん、紫外線を浴びなくても、また乾燥しなくても、人の肌は自然に老化します。しかし、生まれたときから紫外線に気を付けて生活していれば、おばあさんになっても赤ちゃんのような肌でいられるという説もあるように、やはりすべての肌老化の原因は紫外線にあるのです。

紫外線というと真っ先にシミを思い浮かべますが、シミだけじゃない、シワもたるもでさえ、元凶は紫外線なのです。そう、日焼け止めは実はシワ&たるみの予防でもあるのです。

Pocket

アンチエイジングはいつから始めるのがいい?

肌のピークは18~20歳、それ以降はアンチエイジングケアの対象年齢です。

やはり、アンチエイジングは早くから始めるに越した事はありません。とはいえ、もちろん子供の頃から始める必要はありません。

人間の生物としてのピークは18~20歳くらいです。事実、肌のハリもコラーゲンとエラスチンが最大限に伸びきるのもそれくらいの年齢です。

つまり、アンチエイジングケアは20代から肌の状態に応じて徐々に取り入れるのが正解です。30代になったら、シワが気になり始めたら、ではその時は残念ながら手遅れなのです。

また、ベーシックなお手入れで、肌の基礎力を上げておくことはアンチエイジングの大前提です。

基礎力が無い肌に、いくらケアをしても、効果を100%発揮することはできません。アンチエイジングケアも、肌の基礎力があってのものであることは頭に入れておきましょう。

Pocket

シミは「レーザーを使えば全部取れる」って思ってませんか?

fd5f65dd7862851697f935d5e2c5715f_sレーザーで取れるシミは多く、特に何年も前からある古いシミはレーザーで取るしかないというケースも多数です。

ただし、レーザーは決して「魔法」ではありません。すべてのシミがレーザーで取れるわけではないのです。レーザーで取れないシミの代表は、年齢によるホルモンバランスの変化が原因とされる、両頬に左右対称にモヤモヤと現れる「肝斑(かんぱん)」。

ソバカスのつながったものと見分けがつきにくく、皮膚科の医師でも見間違うことがあります。しかも、レーザーを当てることで、かえって黒くなるケースもあるので注意が必要です。

この肝斑に限らず、レーザー以外の方法を選択すべきシミもあります。「キャンペーンで安く取れるみたいだから」といって安易に飛びつかないよう慎重に行動しましょう。

Pocket

美白化粧品を使っていれば色白になれる?

「色白」というのがどういう状態を指すのかでYESでもあり、NOでもある、といったところです。

基本的には肌を黒く見せているメラニンの量については、人によって生まれ持ったものがあるため、「色白」であったり「地黒」であったりするわけですね。

では生まれつきの肌色とはどんなものなのでしょうか。実は顔は洋服を着ることもできず、たえず紫外線などの厳しい環境にさらされている、体の中で最も黒くなりやすい部分の1つです。

私たちがもともと持っている肌色とは、体の中でも紫外線を浴びることの少ないお腹の肌色だと考えられているようです。

つまり、あくまで理論上ですが、お手入れ次第ではお腹の肌色くらいまでは白くなれる可能性もあるというわけですね。

ただし、摩擦などの後天的な理由によってできた肌の黒ずみを白くする、という事についてはまた別の話になります。

例えばデリケートゾーンの黒ずみなどは、きつい下着の摩擦により黒ずんでしまう場合もあります。

こういうケースは元の肌色以上に肌を白くするわけではなく、黒ずみを元の肌色へ近づけるわけですから、ケア次第では肌を白くすることは可能、という答えになります。

Pocket

美白化粧品を使い始めるタイミング

美白化粧品は日焼けする前から使っておくのがベストです。肌の透明感をキープするなら、1年を通して美白にしおくというのが鉄則です。

メラニンのスイッチは、まさに紫外線を浴びた、その一瞬にオンになってしまいます。紫外線を浴びると、肌の表面の細胞からメラニンを作るよう次々に指令が出され、米良のサイトが動き出します。

また、紫外線を浴びることで、肌の中に発生する活性酸素が直接的にメラノサイトにダメージを与えます。やはり日焼けしてから使うのでは遅かりし感があり、シミが出だしてからでは完全に手遅れなのです。

美白こそ、備えあれば憂いなし。日ごろの備えを完璧に日常的に美白を意識していれば、紫外線のダメージに即座に対処できます。

いわば、美白反応力の高い肌でいられるということです。

Pocket

美白化粧品が取れるシミと取れないシミ

実は美白化粧品には・・・、得意なシミと不得意なシミがあるのをご存じでしたか?
できたての新しいシミは大の得意だけれど、できてから何年もたった古いシミは大の苦手なんですね。

そもそも、美白のメカニズムは、大きく3つのステップに分けられます。
(1)表皮から発せられるメラニンを作りなさい、という命令を止めるステップ。
(2)メラニンの生産工場である米良のサイトに働きかけてメラニンの生産を止めるステップ。
(3)できてしまったメラニンを早く出ていくようにターンオーバーを応援するステップ。

ほとんどの美白化粧品というものは、(2)をメインに、(1)と(3)を組み合わせて作られているのです。
なぜなら、美白はすべて早く手を打った方が勝ちだからです。

シミは紫外線を浴びたらまさにその一瞬で肌に入り込み、そこからわずか3日でシミの元となるメラニンができあがってしまうからです。

つまり、ほとんどの美白化粧品は、紫外線のダメージに早い段階でストップをかけることに心血を注いでいるわけですね。

できてしまったシミに対するアプローチには、つい数年前までは全くといっていいほど主眼においていませんでした。

つまり美白が真の力を発揮するのは事後の対処より事前の予防、というわけですね。

美白化粧品を、すでに何年も前にできたシミに思い立って塗ってみても、はっきりと効果が感じられないのは、こういう理由があるからなんです。

美白化粧品は、新たなシミを作らないためにこそ使うべきなんです。

 

Pocket

メラニンを含む角質

「メラニンを含む角質を落とす化粧品」というものがある。この表現を聞くたびに、ふきだしそうになる。メラニンを含む角質をAHAの化粧水などで拭き取ると、コットンが黒っぽくなる。

こんなCMが以前あったが、あれは意味があるのだろうか。

まず何かおかしいかというと、そもそも角質はメラニンを含んでいる。メラニンを含まない角質なんてない。

「メラニンを合む角質」と言うと、「あんこを含むあんパン」と言っているようで、何ともおかしな表現に聞こえる。

「この化粧品はメラニンを合む角質を落とします」と、わざわざうたい文句にするのを聞くと、「当店では、あんこを含むあんパンを売っています」というような話に聞こえる。

角質は、皮膚の代謝とともに、いずれアカとなってはがれる。シミ以外の正常な皮膚でも、常に多少のメラニンは作られており、それを角質がとりこんでアカとして捨てている(だからアカは黒い)。

つまり角質のメラニンは、わざわざ拭き取る必要はなく、いずれはアカとして落ちる。「こんなにメラニンがとれました」と黒いコットンを見せるのは、「黒いアカがこんなにとれました」と言っているのと同じである。

シミのメラニンは、角質のメラニンとは違う、深いところにあるメラニンである。ピーリングを繰り返すと皮膚全体の代謝が高まり、深いところのメラニンも徐々に排泄される。それがピーリングのシミ治療であり、アカをとることとは違う。

Pocket

老人性色素斑にもかかわらず、思い込みたい「私は肝斑」

前項に挙げた内容をもとに、自分のシミがどれにあてはまるか、考えてみよう。

ただし、患者さんがこのようなものをもとにして、自分でシミ診断をした場合、なぜか正解率は非常に低い。

まず、自分のシミは「肝斑」だと訴えてくる人が最も多いのに驚くが、肝斑は、みなさんが思うほどポピュラーなものではない。

「頬骨のあたりに左右対称にできるシミが肝斑」と言われると、何でも肝斑に見えてしまうものらしいが、老人性色素腹だって頬骨のあたりからできることが多く、また、左右どちらか片側にというよりは、ほぼ対称にできることが多い。

やはり、女性が気にするシミは老人性色素斑が圧倒的に多いのだが、なぜ肝斑に人気が集まるのか。「老人性」という響きがまず嫌われる。

それよりは「女性ホルモンのでバランスの乱れでできる」と言われる方が、なんぼか耳にやさしい。また、レーザーでなく、できれば飲み薬で穏やかに消えてほしいという、潜在的な願望もあるだろう。そういう女心もあって、「肝斑」支持は厚いのだと思われる。

自分でシミの診断をつける自信がない人は、美容皮膚科を訪れよう。まずはシミの種類  を知らないと、対策もままならない。

美白化粧品の効かないシミに、延々と美白化粧品を塗り続け、何万円も無駄にしているケースが多いからである。もし老人性色素斑だと診断 されたら、迷わずレーザーでとってしまった方が、実は、早いし安いし確実である。

Pocket

消える「シミ」と消えない「シミ」

まず、シミの種類を知ろう。ひと口にシミといっても、医学的にいうといろいろな種類がある。おおよそ以下のようなものである。

①老人性色素斑
いわゆる日焼けでできたシミ。茶色から黒褐色のものが、頬に丸くできることが多い。初期のまだ非常に薄いものは、美白化粧品でさらに薄くなることがあるが、完成してしまったものには美白化粧品は効かないので、レーザー治療が必要になる。進行するにつれ、皮膚の構造そのものが変化して、イボのように盛り上がってくることもある。シミとして最もポピュラーなもの。

②脂湿性角化症
①の老人性色素斑から次第にイボのように盛り上がってきた状態で、よく見ると、表面はボツボツとしている。手の甲などにできる茶色のシミもこれに相当するものが多い。このシミは、残念ながらレーザー治療でないととれない。

③雀卵斑(じゃくらんはん)
ソバカスといわれる遺伝的なもの。生まれつきこの遺伝子を持っている人は、10歳を過ぎたころから鼻を中心に、そばがらのカスのような小さなシミが散らばったようにできる。よく見ると丸でなく、ひとつひとつが三角や四角い形をしているのが特徴。皮膚構造は正常なので、美白化粧品は理論的には効くはずであるが、実際はなかなかそうはいかない。レーザーでとてもきれいにとれるが、再発することも。

④肝斑
女性ホルモンのづフンスが乱れるとできる、もやもやとしたシミ。頬骨の部分を中心に、左右対称にできることが多い。額や鼻の下にできるケースも。妊娠中、更年期の時やホルモン治療を行なった時などにできやすい。美白化粧品はある程度有効だが、トラネキサム酸の内服やピーリングの方が確実に効く。レーザーは不向きで逆に濃くなる場合も多い。

⑤炎症性色素沈着
ニキビ跡など、炎症がおきた後にできるシミ。コットンで拭き取るなど、肌をこする習慣がある人は、顔全体にこのシミができることもある。また、ムダ毛処理をしすぎて毛穴のところがポツポツ黒ずんでくるのもこのタイプ。美白化粧品はある程度有効だが、ピーリングを行なうと非常に早くとれる。レーザー治療は向かない。

トラネキサム酸一もともとは止血剤や抗炎症剤として使われる薬だが、メラニンの生産を抑える作用があるため、肝斑の治療にも使われる(美容皮膚科などで処方してもらえるし、市販のものもある)。肝斑の場合、トラネキサム酸とビタミンCをあわせて2、3ヵ月内服を続けると薄くなることが多いが、肝斑以外のシミにはあまり効果がない。

⑥花弁状色素斑
 海などで急に日焼けしたあとに、肩から背中にできる小さなシミで、よく見ると花びらのような形をしている。レーザー治療以外の方法でとるのは難しい。

Pocket

美白化粧品の効果とは?

美白化粧品とは、何だろう。肌の奥にメラノサイトという、メラニンを作る細胞がある。

その働きを邪魔するのが美白化粧品である。これを忘れて、ただ漠然と「肌を白くするもの」が美白化粧品だと思っている人が多いが、それでは美白対策はうまくいかない。

美白化粧品とは、メラニンが作られるのを邪魔するものである。よって、皮膚構造は正常で、かつメラニンが過剰に生産されている状態、そういうときにしか美白化粧品は効かない。

皮膚構造そのものが壊れていたり、メラニンが過剰生産されてはいないが、ただ肌の奥に沈着してしまっているような場合、こういうシミには美白化粧品は効かない。

まず、シミにもいろいろ種類があることを知っておこう。種類によって、美白化粧品の効き方が造うからである

Pocket